上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物忘れや判断力の低下などは年齢とともに出てきてしまいますが、
それが認知症の入り口だという怖い現実があるのだそうです。

実は昨日テレビで「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」を見ていたのですが、
脳の若返りのための香りレシピが紹介されていたので、まんま受け売りでご紹介します(^^;)。

要約すると、起床時と就寝時によい香りがあって、それぞれ起床時には脳を目覚めさせる香り就寝時にはリラックスさせる香りを嗅ぐことで、脳の健康を保つということでした。

認知症が心配な年齢でなくとも、普段の生活に役立ちそうなのでご紹介することにしました!

材料

朝のレシピ

朝起きて2時間以上、芳香浴します。脳を目覚めさせます。

ローズマリー2滴
レモン1滴

イメージ

ローズマリーの鼻に抜けるスッキリとした清涼感とレモンの明朗な爽やかさが相まって、気分がシャキっとします。

夜のレシピ

夜、就寝する1時間前の2時間以上、芳香浴します。脳をリラックスさせ安眠を助けます。

ラベンダー2滴
オレンジスイート1滴

イメージ

豊かで優しいラベンダーの香りと気分がほっとするオレンジの甘みで、とてもリラックスした気分になります。

スポンサーサイト
テーマ:アロマテラピー
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。