上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香水を作るにはいくつか知っておいたほうがいいことがあります。
ここでは香水の分類を先に説明し、追って実際の香水の作り方についてご説明します。

賦香率による分類

賦香率とは香水に含まれる香り成分の濃度のことです。
※本ブログでは精油のみを使用しますので賦香率といえば精油の濃度となります。

賦香率は香りの強さと持続時間に関係し、濃度によって呼び方が異なっています。
分類 パルファム オードパルファム オードトワレ オーデコロン
賦香率 15~30% 10~15% 5~10% 2~5%
アルコール濃度 70~85% 80%程度~ 80%程度 80%
水濃度 0% 5~10% 10~15% 15~18%
香りの持続時間 5~7時間 5時間以内 3時間以内 1~2時間

香りの系統による分類

精油それぞれに香りの印象がありますが、それらを組み合わせてできる香水にも 香りの印象により系統を分けることができます。
フローラル
ノート
数種類の花を組み合わせたり、フルーツなどと組み合わせてできる華やかで女性的な花の香り
グリーン
ノート
緑葉のさわやかでシャープな香りや甘い樹脂系の香りなど
フルーティ
ノート
果実の甘さを感じさせる香り
シプレ
ノート
オークモス(樫の木の苔)をベースに柑橘系や動物性の香料をプラスしてできた、落ち着いて深みのある香り
オリエンタル
ノート
動物性香料やウッディ調、スパイス調、パウダリー(おしろいのような匂い)な香料からできた、甘く濃厚で神秘的な香り

香水の作り方(例:オードトワレ)

香水作り方の手順を示します。
基本的には上に示した「賦香率の分類」の表にしたがい、精油+アルコール+水を混ぜるだけでできますが、ここではオードトワレ(約5%の賦香率)を例に作り方を示します。

材料

精油5滴
無水エタノール4ml
水1ml
※約5%の賦香率となります

道具

スプレー瓶(ガラス製のもの。アトマイザーとしても市販されています)
計量器(目盛りつきピペットや計量スプーンなど)

作り方の手順

1. スプレー瓶に無水エタノールと精油を入れ、振り混ぜる
2. 1.に水を入れて振り混ぜる
※先に水と精油を混ぜると分離してしまうので、この手順を守ってください。



amazonでスプレー式遮光ビンを検索する



amazonでアトマイザーを検索する



amazonで無水エタノールを検索する



amazonで精製水を検索する

スポンサーサイト
テーマ:アロマテラピー
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。